アニメ業界で必要な技術、デッサン力を身につけながら、TVアニメ制作における演出力や撮影技術、さまざまな画材を使用した美術背景やイラストレーション技術、アニメキャラクターデザインなどのスキルを幅広く高めます。各スキルに必要なパソコンソフトの操作方法もマスターし、実践的な技術と知識を修得します。即戦力となるカリキュラムを豊富に設けています。

アニメーション

新たなキャラクターと表現が続々誕生。

アニメーションの先進技術を学ぶ。

国内ばかりでなく海外でも高い評価を受けるアニメは、もはや日本を代表する産業とも言えます。コミックを原作にした作品をはじめ、オリジナル作品、CG作品などバリエーションの多彩さもさることながら、日本人クリエイターならではのすぐれた感覚と繊細な仕事ぶりが、圧倒的な品質を支えています。

Curriculum

  • ●アニメ技術基礎
  • ●アニメ演出基礎
  • ●アニメ企画基礎
  • ●アニメ制作基礎
  • ●アニメイラスト基礎
  • ●アニメ作画基礎
  • ●アニメデジタル基礎
  • ●アニメ技術
  • ●アニメ演出
  • ●アニメ企画
  • ●アニメ制作
  • ●アニメ美術
  • ●アニメ作画
  • ●アニメデジタル
  • その他就職対策科目

※教育効果を考慮して内容が一部変更となる場合があります。

Field

アニメーター

アニメーター

TVアニメのアニメーターに必要な、動画(中割)の描き方から、原画の描き方まで、アニメーション作画のために必要な技術を学びます。

ペインター

ペインター

デジタルによるキャラクターの彩色技術の修得と、将来の色指定や色彩設計職に必要な配色の知識を学びます。

撮影

撮影

コンピュータを使って背景とキャラクターの動きを合成する技術をマスターします。

アニメ監督

アニメ監督

絵コンテの描き方やキャラクターの芝居、撮影の指示をマスター。本校ではあなたが監督した作品制作が可能です。

撮影

制作進行

アニメーションの制作プロセスを把握し、的確なスケジューリングを行う能力を身につけます。

キャラクターデザイン

キャラクターデザイン

アニメーション作品の魅力はキャラクターで決定します。観客が感情移入できるキャラクターを生み出せる時代感覚と作画のテクニックを磨きます。

背景画家

背景画家

TVアニメの背景画のほとんどはポスターカラーとフォトショップで描かれています。イラストとはまた違う特殊な技術を学びます。

メカデザイン

メカデザイン

一目で機能と質感を伝えることができるように、デッサン力の強化だけでなく過去の作品の分析も同時進行。リアルメカからオリジナルメカを創造する技法を探ります。

イラストレーター

イラストレーター

小説の挿絵や雑誌の広告等のイラスト制作をめざします。デッサン力と色彩センス、デジタルとアナログ画材の技術を学びます。

Student’s Voice

現役のアニメーターでもある先生の指導を直に受けることができるので、KVAに入学しようと思いました。体験入学にも参加してみて、とても楽しそうな雰囲気だったのも決め手になりました。今、一番頑張って取り組んでいるのはグループ制作です。大人数で一つの作品を作るので、意見が違ったりしてなかなかうまくいかないこともあります。でも、みんなで協力してだんだん仕上がっていくのはとても楽しいですね。自分自身の技術も少しずつ身についていくのがわかります。学校で学んだことを活かして、もっと高度な技術を修得して、将来はアニメーターとして活躍するのが夢です。