KVAアーティスト特集「Sleeping Girls」

2018年07月12日

KVAアーティスト特集

「Sleeping Girls」

 

Vo.&Gt. ミナギ/Ba.&Cho. タケヒロ

一言メッセージ「やりたいんだったらやればいいし、無理って思ったらやめればいい」

 

大分ロックンロールバンド「Sleeping Girls」。

大分県の高校生が参加するバンド大会「YOUNG BLOOD SP」にてグランプリ受賞。

 

今回は、KVA在校生の Vo.&Gt. ミナギくんを直撃。

 

ロックンローラーや、ロックな生き方に自信がない人にぜひ読んでほしいです。

よろしければ、その前に彼らの曲を聴いてみてください。

 

Eggsで「Sleeping Girls」の視聴ができます

 

 

「そんなにないけど、嘘はつきたくない」

 

 

---高校生でグランプリ受賞ということは、当時から作曲はできたのですか?

 

そうですね。でも割とテキトーというか。

 

Sleeping Girlsで初めて作った「蝉」って曲は、まずギターとボーカルを吹き込んだ音源を自分で準備して。

それを当時別々のバンドで活動していたメンバーに聞かせて…という流れで作曲しました。

 

 

---別々のバンド?

 

はい、大分を離れる前に「一緒にバンドしたいなぁ」と、自分が思った人に声を掛けたんです。

違うバンドの3人が一緒になって、1〜2週間で曲作りして。

初めて曲が出来上がった時は、純粋に「面白い」って感じました。

 

 

---1〜2週間で出来たんですか?早いですね!

 

そんなことないです(笑)

 

 

---「蝉」や「渡り鳥」を聴いて感じたのが、『特定の誰かに対して歌っている』という印象でした。

 

まぁ、そうですね。誰かしらに対して歌っている部分はあります。

でも曲作りで意識していることは、そんなにないですよ。

ただ「嘘はつかない」って決めています。

 

 

「言葉の重みがぜんぜん違う」

 

 

 

 

---そのまま音楽活動を続けることもできたと思いますが、KVAに進学した理由はありますか?

 

施設が充実していて、講師がみなさん業界の人で、話していてすごく刺激が多くて面白かったので。

今後音楽をやる上でいろんな繋がりが生まれそうだと思って、KVAに進学しました。

 

 

---印象に残っている講師の言葉はありますか?

 

「これ!」というのはないんですが、全然違うんですよ。言葉の重みが。

 

長く現役で音楽をされている先生たちだから、苦労経験もあるし、いろんな知識が豊富なんです。

同じこと話すなら僕が話すより、先生たちが話した方が断然面白いです。

 

 

---KVAで役に立った授業はありましたか?

 

授業の中でも「音楽知識」・「ボーカルレッスン」・「アンサンブル」は楽しいし好きです。

あと、写真学科の学生にアー写を撮影してもらうこともできました。

 

 

---前回特集した「くっつくパピー」のモウリくんも「音楽知識は好き」って話してました。

 

あぁ、あの記事読みました。

モウリはしょうもないヤツなんで、別にいいです(笑)

 

 

「音楽なんて、そんなに大した価値はない」

 

 

 

 

---音楽をやっていて「楽しい時」と「しんどい時」ってありますか?

 

うーん…

基本的に、常に楽しいんですよ。音楽をやれていることが。

しんどい時もあるんですが、「それも楽しい時間の一部」って思ってます。

 

 

---すごい!弱冠20歳でその思考とは!

 

そんなことないです(笑)

 

しんどい時は本当にあって、例えば「ライブハウスのお客さんの入りが良くない」とか、

非常にありがたいことに「音響スタッフさんからダメ出しをされる」とか。

でも、その時間が何のためにあるかって「楽しい時」のためだと思ってます。

だから、「しんどいだけの時間」っていうのは、感じたことがないです。

 

 

---音楽を続けようか迷っている人に向けて、一言お願いします。

 

別に偉そうなことを言える立場ではないんですが、

そんな深刻に考えなくていいと思うんです。

音楽なんて、そんな大した価値ないし。

 

 

---そのセリフを音楽やってる人の口から初めて聴きました(笑)

 

(笑)

いや本当、ミュージシャンってみんな崖っぷちでやってると思うけど、

音楽なんてすぐにやめられるようなものだから、

やりたいんだったらやればいいし、無理って思ったらやめればいい。

…これで2年後くらいに僕が音楽やめてたら面白いですよね(笑)

 

でも僕は、ずっとロックンロールをやっていきたいです。

中には「どうやっても音楽をやめられない人間」もいて、

自分はそっち側だと思います。

 

 

 

ツイッターで最新情報を発信しています。アカウントはこちら

記事一覧に戻る