KVAアーティスト特集「くっつくパピー」

2018年06月27日

KVAアーティスト特集

「くっつくパピー」

 

Vo.&Gt. モウリユウスケ(中)/Ba.&Cho. ミヤギユウキ/(右)/Dr. タカダレオ(左)

一言メッセージ「負け犬なりに、元気にしますワン(犬)」

 

3ピースのゆるロックバンド「くっつくパピー」。

 

今回は、KVA在校生のモウリくん、タカダさんを直撃。

緩みっぱなしで楽しかったインタビューの様子をお届けします。

 

音楽の道に進むべきか迷っている人や、純粋に音楽が好きな人にぜひ読んでほしいです。

よろしければ、その前に彼らの曲を聴いてみてください。

 

Eggsで「くっつくパピー」の視聴ができます

 
 

「後戻りできないよう、KVAに身を置いた」

 
 

---いつ頃から音楽を始めましたか?

 

タカダ)

高校1年生で部活を中退して、ドラムを始めました。

YAMAHAの教室に通って、高校でバンドも組みました。

 

モウリ)

ギターを始めたのは高校3年生からでした。

意外と始めるの遅かったです。

 
 

---そのまま音楽活動を続けることもできたと思いますが、進学した理由はありますか?

 

タカダ)

普通に進学して、普通のOLとして働くことに、すごく抵抗がありました(笑)

高校は偏差値70ぐらいの超進学校だったんですけど、

自分に背水の陣を敷いて、後戻りできないようにしたかったんだと思います。

 

モウリ)

自分は、ずっと管理栄養士になりたかったんです。

 
 

---管理栄養士?

 

モウリ)

自分も偏差値おんなじくらいの進学校だったんです。

でも国家試験の勉強とか大変そうだなぁって思って

高3の3月中旬、大学進学する直前だったんですけど

KVAの体験入学にバタバタ参加して、入学を決めました。

結構、気まぐれですよね。

 
 

---(笑)KVAに進学した決め手はありますか?

 

モウリ)

「教室使い放題」は、本当すごい便利です。

普通に練習用スタジオ借りようとしたら13,000円ぐらいかかるし。

レコーディングになるともっとかかるから、

レコの友達に頼めばできるっていうのも助かります。

 

タカダ)

あと、曲を周りに聴いて意見がもらえる環境とか。

 

モウリ)

そう、友達とか先生からいつでも評価を聞けること。

『アイスクリームベイビー』が好きっていう人もいれば

『今日のこと』は売れそうとか、意見が割れることもあって。

 
 

「誰でもいいのじゃなくて、自分が必要とされる音楽がしたい」

 
 

 
 

タカダ)

私は、KVA講師の話が本当印象に残ってます。

 

モウリ)

え、ホント?

「ギックリ腰だからヒザかっくんとか止めてね」とか

 
 

---それは記事にするので、後で怒られてください。

 

タカダ)

ドラム講師の実体験でもあるんですが、

「音楽をやる人にもいろいろな種類がある」って話を聞きました。

講師は、ドラマーとしての仕事だけではなく

「(叩いている)フリをしてくれ」って依頼を受けたそうです。

だから、お金のために音楽をやるのか、プライドというか

自分の音楽が必要とされて仕事をするのか。

結局講師は、耐えかねてその仕事を断ったって話してました。

 
 

---その仕事は、自分じゃなくていいですもんね。

 

タカダ)

そう、偉そうなんですけど「自分の代わりがいない」って言われたいんです。

KVAの環境で音楽を学んで、そういった気持ちがより強くなりました。

 

モウリ)

はぁ~、いいこと言う。

 
 

「もっと上手に弾きたいとか、歌いたいとか」

 
 

 
 

---タメになった授業はありますか?

 

モウリ)

金曜のアンサンブルは毎週楽しいです。

 

タカダ)

うん、楽しい。

 

モウリ)

あと好きだったのが「音楽知識」っていう、

国境や文化を超えた音楽を学ぶ授業でした。

学生が作った曲を、例えば「このリズムをサンバ調にするとどうなるか」とか。

そこで『今日のこと』の取り上げられた時とか、すごい楽しかったです。

曲作りの参考にもなりました。

 
 

---「くっつくパピー」では、曲作りはどのように進めてますか?

 

タカダ)

モウリくんが全体像を決めて、あとはパート毎にアレンジする感じです。

 

モウリ)

実際、作り出すとキリがないんですよね。

 
 

---やってみたいことが増え続けるってことですか?

 

モウリ)

いや、パートごとのクオリティをもっと上げたい感じです。

もっと上手に弾きたいとか、歌いたいとか。

 

タカダ)

でも結局あんま変わってないよね。

 

モウリ)

そんなことないよ!

少しずつ、少しずつ変わってきよるから。

 
 

---それは『今日のこと』のDメロ歌詞?

 

タカダ)

あそこの歌詞は私がダメ出しして、私が書いたんです(笑)

 

モウリ)

こうやって繋がってくるんかぁ。

 
 

「だからテレビよりもライブがしたい」

 
 

 
 

---『今日のこと』はいつ頃出来た曲なんですか?

 

モウリ)

半年前?

 

タカダ)

いや、もっと前やろ。1年生の夏ぐらいに出来たから。

 

モウリ)

そっか!それで発表会で、確か特別賞もらったよね。

「声が独特」って言われた気がする。

 
 

---「くっつくパピー」の、今後の目標はありますか?

 

モウリ)

自分、クッピーラムネが好きなんです。

だから最初クッピーってバンド組もうとしたら

ラムネの画像ばっか出てきてイライラして。

そこで、略して「クッピー」になるように、

「ク」と「ピー」の間に適当に文字入れようとしたら、

ベースのミヤギが「くっつく」とか変なこと言うので

「くっつくパピー」って名前になったんです。

あと、犬が好きなんでアイコンは犬にしました。

 

タカダ)

あの犬の落書きはやめた方がいい。

 

モウリ)

いや、あの絵はおれにしか描けない味があるよね。

あれくらいの「ゆるさ」がこのバンドに合ってる。

バンドの音楽なんて勝ち組の人たちは聴かないんですよ、

勝ち組はみんな [ピー] とか聴くんですよ。

 
 

---そうなの?(笑)

 

モウリ)

だからキャッチコピー的なものも

「負け犬なりに元気にしますワン(犬)」にしてて(笑)

みんなに「頑張れ」っていうより、ピンポイントに「頑張れ」って寄り添いたいんです。

 

タカダ)

だからテレビよりもライブがしたいよね。

 

モウリ)

うん、万人受けする必要ないから、好きな人に好きって言われたい。

そのために、もっと聴いてくれる人を増やさなきゃいけない。

将来的には、ハイエースに楽器とか機材とか全部詰め込んで

全国のライブハウス回りながらライブしていたいです。

 
 

---音楽を続けようか迷っている人に向けて、一言お願いします

 

タカダ)

人生は一回だけだから、後悔しないようにしてください。

 

モウリ)

続けてたら、楽しいよ。

 
 

 

ツイッターで最新情報を発信しています。アカウントはこちら

記事一覧に戻る