KVAアーティスト特集「yonawo」

2019年04月09日

KVAアーティスト特集

「yonawo」

左から斉藤雄哉(Gt.)/田中慧(Ba.)/荒谷翔大(Vo.)/野元喬文(Dr.)

一言メッセージ「くっそフツーの家庭環境でした」

 

 

専門学校九州ビジュアルアーツ(KVA)のレコーディングスタジオで作業中と聞いて、

バンド『yonawo』を緊急インタビュー!

 

KVA卒業生でyonawoのギター&アレンジ&レコーディングを担当する

ユウヤくんと、担任の立川先生からご協力頂き、本インタビューが実現できました!

 

※立川先生…ミュージッククリエイト学科&レコーディング専攻担任 兼 現役レコーディングエンジニア

 

「ゲスの極み乙女」川谷絵音さんからもピックアップされた楽曲「ijo」の制作の裏側や、

最近のライブ事情についてお話いただくことができました。

 

SoundCloudでyonawoの楽曲が視聴できます。

 

 

「ijoは構想を決める作業で苦戦してました」

 

 

 

 

---今回KVAでは、アナログ盤(レコード)を作るためにご来校したと伺いました。

アナログ盤を作るようになったきっかけはありましたか?

 

田中)

…きっかけあったっけ?

 

荒谷)

ただメンバー全員が「アナログで聴いてみたい」って思ってました。

聴く環境なら、ユウヤの家にあるし。

 

斎藤)

あとレコードの需要もありそうなんです。

yonawoをレコードで聴いてみたい」

って、よく言われるので。

 

立川先生)

DJにも渡せるしね。

 

荒谷)

あーそうですね、聴いてもらえる環境も増えるし。

 

 

---1st EPijo(アイジョー)」と2nd EPSHRIMP」についてお聴きします。

SHRIMPではijoより更に音数が少なくなった印象を受け、

アメリカのミュージックシーンの流行でもあるミニマルさが増したと感じました。

曲作りでは、そのような「引き算の美学」みたいなことは意識していますか?

 

荒谷)

特別それを意識してるってことはなくって、

ただ単にSHRIMPの方が「俺が影響を受けた音楽」とかの

嗜好が強く出てるんだと思います。

 

ijo(イジョー)はみんなでアレンジしながら作って、

SHRIMPはほぼ俺一人で作った「遊び」のような作品だったので

だからijoは作るのに苦戦して、結構時間かかりました。

 

立川先生)

ijoって「イジョー」って読むの?

 

荒谷)

あ、どちらでもいいです(笑)

聴いてくれた友達が「アイジョー」って呼んでくれて気づいたんです。

「めっちゃいいやん」って(笑)

 

斎藤)

嬉しかったね、あれ。

 

 

---ijoの制作には苦戦したということですが、

「構想があるけどピースがハマらない」という感じでしたか?

 

荒谷)

いや、構想を決める作業自体に苦戦しました。

最初決まっていたのが、リズムとキーボードとドラムくらいで。

 

ギターはユウヤがいい感じのアレンジしてくれたからよかったですけど、

俺はくそキモいドラムパターン持ってきたりしてて。

 

斎藤)

あれはキモかった。

 

田中)

みんなの変なアレンジばっか聴いてて、頭おかしくなりそうだった。

 

野本)

16分のノリでベース弾いてみて、とか。

 

斎藤)

エフェクターでディレイをギュインギュイン掛けたりして。

 

荒谷)

すごい苦戦したけど、楽しかったです。

 

 

---実際、どれくらいの作曲期間でしたか?

 

荒谷)

ijoだけで2週間ぐらいかかって、

あとの2曲は1日ずつで終わりました(笑)

そのあとのミックスも大変で、結果1ヶ月ぐらいだったと思います。

 

 

「そのままライブでやってもつまらんよ」

 

 

アナログ・レコード用にマスタリングされた音源をチェック中

 

 

---yonawoの魅力に「宅録感」や「ベッドルーム感」といった

表現がよく用いられるのですが、どう感じますか?

 

荒谷)

え、そんな風に言われてるんですか?(笑)

 

斎藤)

でも嬉しいよね、狙い通りな感じ。

一回、KVAにもあるようなカッチリしたレコーディングルームで録ってみたんですけど、ダメでした。

 

荒谷)

曲の息が詰まって死んでいくのを感じて、

「そろそろ死ぬよー!」って、曲が言ってたのを覚えてます。

基本yonawoの曲はユウヤの家での宅録なので、

やっぱり空気感とかが出てるんだと思います。

 

 

---それらのyonawoの印象に対して「ライブ」というのはある意味反対のところにある音楽表現だと思います。

一度、福岡でのライブを聴かせて頂いた時、

聴く前は「どうなるんだろう」って不安だったのが、実際はとても良い空気感のステージでした。

ライブ演奏で何か気をつけていることはありますか?

 

田中)

あるっけ?

 

荒谷)

あるやろ。

 

斎藤)

曲のアレンジが全然変わります。

ijoだってだいぶ変わるし、SHRIMPSの曲に至っては全般的に

「そのままライブでやっても絶対つまらんよ」

って、メンバー全員意識してました。

 

荒谷)

宅録感だから伝わる良さと、ライブでの魅せ方は

手法を変える必要があると思います。

 

 

---最近のライブといえば「ゲスの極み乙女」のリーダーである

川谷さんも所属するバンド「ichikoro」との対バンが話題でしたが、

手応えはどうでしたか?

 

荒谷)

「下手くそーーー!!」って怒鳴られるかもってビクビクしてたんですが、

良かったです。CD買ってくれた方もいたし。

 

斎藤)

普通に楽しかったよね。

 

 

---川谷さんとはお話しできましたか?

 

荒谷)

打ち上げの席でお話できました。

「もっとおっさんかと思ってた」って言われました(笑)

 

 

---フジテレビの番組「Love Musicでも、

川谷さんが20歳とは思わなかった、こんなに上手いなんて」

という趣旨のコメントを出されていましたね。

 

斎藤)

お会いした時も「50代ぐらいのおっさんかと思ってた」って、褒められました。

 

田中)

でも別に、俺たちフツーに育ってきたよね(笑)

 

荒谷)

うん、くっそフツーの家庭環境だった(笑)

ユウヤの家だけ少し特別だったけど。

 

 

---「くっそフツーの家庭環境」のyonawoですが、

一人のエースが引っ張っているグループというより

「それぞれの感性が共鳴しあって出来ている」という印象があります。

曲作りやライブの場面で、意図せず生まれた「化学反応」や「偶然の産物」はありましたか?

 

荒谷)

確かに、そういうのあるよね。

サトシ(田中)が、ライブ当日にベースライン変えてきたことがあります。

あの、ウォーキングベースのやつ。

 

田中)

あぁ、あったね。

 

斎藤)

打ち合わせもなくステージ上で披露されたけど、

あれは良かったよね。

 

荒谷)

yonawoは各自で好き勝手アレンジできるので、

こういうのは結構あります。

まだあるしね、引き出し。

 

田中)

うん。全然ある。

 

 

---最後に、急増中のyonawoファンにメッセージお願いします。

 

荒谷)

なんかある?(笑)

 

田中)

えっと、いつもありがとうございます。

 

斎藤)

差し入れ待ってます。できれば日本酒がいいです。

 

荒谷)

くそバンドじゃん。

 

立川先生)

「飛露喜をください」ってちゃんと言わないと。

 

 

 

● KVAツイッターで最新情報を発信しています。アカウントはこちら

● 卒業生「ユウヤ」の単独インタビュー記事はこちら

 

辻貴光 << Before | Next  >> Kay from MELTY LOUNGE

記事一覧に戻る