KVAアーティスト特集「539’s」

2019年08月03日

KVAアーティスト特集

「539’s」

 

一言メッセージ「熱量を持って、好きを貫く」

 

 

KVA在学中、同級生から「ゴミクズ」と言われたことが

そのまま名前になった衝撃のHIPHOPユニット「539’s」

 

福岡から世界を目指すオーディション

「FUKUOKA ASIAN PICKS」ではHIPHOP唯一のファイナリストで、

東京のライブハウスにも出演する注目アーティストです!

 

 

KVA音響学科からミュージッククリエイト学科に転科し、

卒業からここまでの音楽活動の道のりを取材しました。

若きクリエイターたちにとって、活動のヒントになれば幸いです。

 

 

「負の感情だって、音楽の原動力になる」

 

 

---まず、現在の主な活動状況について教えてください。

 

小日向京香)

音源制作をやってる時間が一番長いですが、

ライブだと小倉のFUSE、博多のCavan Beatによく出てます。

 

Hoshi’2

あと、最近は東京のライブハウスにも出演しました。

 

 

---東京には、どういった経緯で出演に至りましたか?

 

Hoshi’2)

東京のラッパーさんと福岡のライブで共演した後に

下北沢のライブハウスの方がそのラッパーさん繋がりで

539’sのMVを見てくださり、お声掛け頂きました。

 

小日向京香)

あ、だから活動には「MVを作る」ってのもあります。

おかげでこうやって繋がった縁もあります。

 

 

------楽曲作りは、どのような工程で進めますか?

 

Hoshi’2)

自分がトラック(音源)をいくつか作って、

小日向がリリック(歌詞)を当てるっていう段取りです。

 

 

---HIPHOPは、他のジャンルに比べて歌詞の量が多いと思いますが、

作詞は大変ですか?

 

小日向京香)

いや、書く作業はそこまで大変じゃないです。

むしろトラックに当てはまるよう、削る方が大変です。

 

 

---539sの楽曲は、メロディは軽快でポップながら

歌詞の節々には妬み・嫌悪などの感情を読み取れるシーンが多く、

その絶妙な爽やかさが魅力のひとつだと感じます。

そんなリリックを書くには、どこからインスピレーションを得ていますか?

 

小日向京香)

自分は、割と病みがちなので(笑)

イヤな思いとか、ストレスの衝動がリリックの源になってます。

 

音楽って、落ち込んだ人を励ましてくれる時、

明るくするか、一緒に落ちてくれるかだと思うけど、

539sの音楽はそうじゃなくて、

「きみの下にはこんな奴もいるんだよ、だから安心して」

っていう思いが込められています。

だから、そういった負の感情が原動力として必要なんです。

 

 

---あ、だから539sなんですか!?

 

小日向京香)

いや全然関係ないです(笑)

 

Hoshi’2)

KVA在学中にバイトもせず音楽ばっかしてたのが俺らだけで、

「ゴミクズ」って同級生から言われて、「確かに」と(笑)

 

 

「短編小説のような世界観を楽しんでほしい」

 

 

 

 

---『Abnormal Midnight』の制作の裏側について、お聞かせください。

 

小日向京香)

Hoshi’2が作ったトラックにリリックを当てる時のやり方って、

ストックしておいたものを使う場合と、

即興(フリースタイル)でやる場合とがあるんですが、

今回は割と即興がハマって、すぐに全体像が出来上がりました。

 

ただ、初期構造が即興で作られたので、

そこからトラック側がリリックに寄せる調整が大変だったと思います。

 

Hoshi’2)

あの曲は、いつも以上にトラックに対する注文が多かった気がする。

「ベースの音が足りない」とか言われて、だいぶ作りこみました。

 

小日向京香)

あと、世界観としては短編小説みたいのように、

別世界の主人公たちが描く物語になっています。

YouTubeMVにリリックが載ってあるので、

それを見ながら聴いてみると面白いと思います。

 

 

 

 

---53日(ゴミの日)にアップされた同曲のMVですね。

MVでは、撮影や演出で意識したことはありますか?

 

小日向京香)

夜は思考が冴え渡って、普段より捗るじゃないですか。

そういった自分の中で感情や思いが湧いてくる様子を

映像を通して出せたらいいなって、思って作りました。

 

 

---気に入ったシーンや、見所はありますか?

 

小日向京香)

観覧車のところですかね。

本当はHoshi’2バージョンも撮ってたんですけど、

あとで確認してみたらニヤけてばっかで、全然使えなかった。

 

Hoshi’2)

観覧車のシーン撮るときは、2周分撮った方がいいです(笑)

 

小日向京香)

ちなみに撮影してくれたのもKVAの卒業生です。

いろんなところで、繋がってくれてます。

 

 

「時間がかかっても、続けた方がいい」

 

 

 

 

---過去に遡った質問になりますが、

539sとして活動していく決心は、どのようにつきましたか?

 

Hoshi’2)

最初、自分は音響学科のPA専攻で、

小日向はレコーディング専攻だったんですけど、

講師の先生が「クリエイターの方が向いてるんじゃないか?」

と、アドバイスしてくれて。

そこからサウンドクリエイター専攻に転科(学科変更)しました。

 

小日向京香)

でも転科した時は、そこまで決心がついていなかったんですけど、

音楽イベント専攻が企画した「インスパイアライブ」

っていうのに34回すべて出演したんです。

あの活動の間で「これでやっていこう」って、決心がついたと思います。

 

 

---音楽活動の中で、どんな壁にぶつかってきましたか?

 

Hoshi’2)

現在進行形でぶつかっている案件があって(笑)、

「ライブの魅せ方」です。

 

やはりバンドは見てて伝わりやすいですけど、HIPHOPは難しい。

DJとか特に「あのテーブルで何してんだろう」って思われてそうで、

何もしてないって思われるのが嫌だからマイクでコーラスやってます(笑)

 

小日向京香)

あと、これは壁でもあり手応えもあったんだけど、

FUKUOKA ASIAN PICKS」の決勝に進出したことです。

でも、他のファイナリストが全員バンドばかりで

 

Hoshi’2)

よし、バンドやるか!

ごめんなさい冗談です…(笑)

 

 

---逆に、ステップアップや達成感を覚えたのはどんな時ですか?

 

小日向京香)

やっぱり「FUKUOKA ASIAN PICKS」の決勝進出ですね。

ほとんどの審査員からシビアなジャッジをもらう中で、

TAKUYAさん(元JUDY AND MARYのギタリスト)から

前向きなコメントを貰った時、嬉しかったです。

 

Hoshi’2)

あとは、これまでEP版を4つ出してきたんですが、

EPが出来上がった時はいつも「やった感」があります。

 

 

---これからの活動の展望について、教えてください。

 

小日向京香)

直近では、84日に小倉FUSEでライブに出させてもらいます。

とにかくいろんな人に聴いてもらえるよう、

もっと活動エリアを広げていきたいです。

 

Hoshi’2)

そうして一人でも539’sのことが好きだと思ってくれる人が

増えてくれるように、チャンスを掴んでいきます。

 

 

---KVAで学ぶ後輩たちに、一言メッセージをお願いします。

 

小日向京香)

どうにかなる、ってことを伝えたいです。

自分たちも転科してやってこれたんだから、

悩んでいるなら「やりたいこと」をやろう。

 

それで最初はたとえ売れなかったとしても、

熱量を持ち続けて好きを貫けば、必ず「何か」に繋がるので。

時間はかかるかもだけど、続けた方がいいと思います。

 

Hoshi’2)

539sの音楽も、最初は万人受けしづらいって言われてたけど、

今は「539’sらしくて、曲もいい」って言ってもらえるようになって、

いろんなライブに出演させて頂けるようになったので。

 

在学中バイトもせず、金もないゴミクズだったくせに

一丁前に高い機材買って、ずっと音楽のこと考え続けて、

でも、だからこそ「音楽に対する思いだけは強い」

っていう自負だけはあったから、やってこれたんだと思います。

思いを持ち続けて、やってみてください。

 

 

 

● KVAツイッターで最新情報を発信しています。アカウントはこちら
● 先輩たちが踏み出した一歩「体験入学」はこちら

 

Kay from MELTY LOUNGE << Before | Next  >> Coming soon…

記事一覧に戻る